社会保険労務士になりたい-社会保険労務士の講座と資格

社会保険労務士の資格は社会人の中で取得希望者が多いもののひとつです。社労士資格の人気の秘密から試験に合格するための学習法などをご紹介します。
ユーキャンの社会保険労務士講座

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

通信制DVD講座

就職や独立のために社会保険労務士などの難しい国家資格を取得しようと、予備校に通ったり通信講座を受けたりする人が増えています。
しかし通信講座にはそのような資格を取得するためだけのものに限らず、趣味など生活を豊かにする内容の講座も設けられています。
もちろん、その講座を提供している教育機関の専門にもよりますから、開設している講座はそれぞれで異なります。

それらの通信講座では、テキストの他にCDやDVDを使った講座が一般的になりつつあります。
手芸や料理、また介護の資格の講座などでは実践力が大切ですので、DVDの映像を通して学ぶべきことがわかりやすく伝えられます。
また実技試験のない社会保険労務士の受験対策講座でもDVDがよく用いられていますが、こちらは文字や音声だけの説明ではわかりにくい部分を図や表で示して理解しやすくするための映像です。

なので、いくらDVD講座と言っても、講師がカメラの前でテキストを読むだけだったり、実際の生の講義の様子を録画してホワイトボードなどが見にくいようなDVDでは意味がありません。
またその講師の顔を、受験勉強にあてる何百時間もの間見続けるのに自分が耐えられるか、という視点で選ぶ人もいるようです。
見た目だけでなく話し方など、いくら映像の中とは言え講師との相性も大切なポイントであると思います。
興味が持てない内容であったり、映像を通して理解が深まるような内容のDVDでなければ、わざわざ高い料金を支払って購入する意味がありません。
低価格のCD講座にした方がいいくらいです。

よいDVD講座を選択すれば、学校に通えない人にとって内容の濃い学習を進めることができます。
自宅学習ができるので、時間的にも融通がききます。
ただしDVDを再生する場所が必要になるため、家族が集まる部屋でしかDVDが見られない場合は家族の都合も受験勉強に影響してくるかもしれません。
JUGEMテーマ:社会保険労務士


社労士試験の勉強法 | permalink | - | - | pookmark |

社会保険労務士開業セミナー

資格を取って就職や転職に活かすため、試験勉強に励む人がいます。
また、いずれ独立して自分で開業しようと難しい国家試験に挑戦する人もいます。
そして惜しみない努力を積み重ねた結果、難関試験に合格、晴れて社会保険労務士や行政書士、司法書士となり、充実した社会生活を送っていることでしょう。

・・・と、実際はそう上手くいかないのが実情のようです。
社会保険労務士や司法書士などの資格を持つ人であれば、おそらく開業を意識したことがあることでしょう。
そして開業に向けてのセミナーや講座に参加したり、開業ノウハウに関する本を読んだりしたこともあるのではないでしょうか。

資格試験対策の講座と同じように、独立開業に関する講座もたくさん開かれています。
にも関わらず、独立開業して成功する人の率は2割〜3割だそうで、意外と少ないことがわかります。
開業に必要な事務的な内容はもちろん知っておくべきですし、それらを講座で学ぶことも大切だと思います。
しかし「私はこうして成功した」というような内容のセミナーや本を、その通りにすれば必ず自分も成功するかのようなマニュアルとして捉えてしまうとなかなか上手くいきません。
それはあくまで、著者やセミナー講師自身が成功した時の体験談だからであって、誰でもが同じ方法で成功できるわけではないからです。

開業成功セミナーに積極的に参加することは、勉強になることも参考になることもあると思います。
しかしあくまでひとつの体験談であることを理解した上で聞き、逆に「こうしたから失敗した」という失敗談を聞く機会があればそちらに参加した方が学ぶことが多いかもしれません。
JUGEMテーマ:社会保険労務士


社労士試験の勉強法 | permalink | - | - | pookmark |

勉強を始める時期

社会保険労務士や保育士などの国家試験は真夏の8月に行なわれます。
梅雨の時期がちょうど受験前の追い込みの時期になるのです。
予備校などが開催する受験直前講座などに参加して受験前の再確認をしている人もいることでしょう。

また来年度の社会保険労務士試験を受ける人が勉強を始めるのも、6月7月が多いと聞きます。
この時期から来年度の受験対策講座の申し込みを始める教育機関も出てきます。
今年の試験が終わってから、ではなく、その前に次回の試験に向けての講座に申し込むことによって受講料が割引(早期割引?)になるところもあるようです。

社会保険労務士は難関資格といわれ、なかなか一発で合格するのは難しいため、結局のところ通年受験勉強をしていかなくてはいけない状態なのかもしれません。
しかし1回目と2回目、3回目では勉強の仕方も違ってきていると思いますので、受験経験がある人ほど効率的な勉強パターンがわかっていることと思います。
新しい知識を覚える時期、知識の整理と確認の時期、とその時々に合った勉強プランを立て、受験に挑んでください。


JUGEMテーマ:社会保険労務士


社労士試験の勉強法 | permalink | - | - | pookmark |

通学制と通信制

就職や転職のために資格の取得を目指す人が増えていますが、資格と一言で言っても、その種類は覚え切れないほどあります。
難しい国家試験に合格すると取得できるもの、規定の講習を受けることで取得できるもの、またそれらの資格は国家資格や民間資格に分けられます。

現在、年々受験者数を増やしている人気の資格に社会保険労務士がありますが、これは国家資格になります。
国家資格を取得することは、知識や技術がある特定の水準以上であることが国に認められていることを意味し、社会的に信用度も高くなります。
その分、試験に合格するにはかなりの努力が必要になります。
そのため、独学で受験に挑む人も中にはいますが多くの人は予備校に通ったり、通信制の講座を受講したりしています。

予備校や通学制の講座では、同じ目標に向かう受験生らと切磋琢磨しながら勉強を進められる、また夜遅くまで自習室などの施設利用ができる(学校によりますが)という利点があります。
受験勉強を進める中で自己管理に自信がない人は、通学制の講座を選んでもよいかもしれませんね。
また、何回か社会保険労務士の受験経験がある人の中には「1年目は予備校で、2年目は通信講座で勉強して受かった」という勉強法を選んだ人もいます。
やはり、通学制か通信制か、また学校によって講義内容は違うようです。
基本的に通学制の方が受講料が高めですが、だからと言って通学制の方がばっちり勉強できるかどうかというのは個人差があり、通信制の講座も資料請求して検討してみる価値はあります。
どの環境で自分が一番集中して勉強に取り組めるか、を考えて勉強法を選んでください。
社労士試験の勉強法 | permalink | - | - | pookmark |

TLTソフト

社会保険労務士や司法書士など、難しいと言われる国家試験に挑む人の多くは何らかの予備校や通信講座を利用して勉強しているようです。
また社会保険労務士では合格者のうちおよそ3割が女性で、難関資格の中では女性の占める割合が多いものと言え、受験者も男性、女性、若い人から中高年層まで、幅広くなっています。

そのため、各予備校や通信講座を開いている機関では、幅広い様々なニーズに応じたカリキュラムを組んで受講者を集めています。
テレビCMでもよく予備校や通信講座などの宣伝がされていますが、時々新聞に掲載されている「TLTソフト」というものをご存知ですか?
これはニュートン社の資格試験対策の通信講座のひとつですが、不合格の場合受講料全額返金、という合格保障制度があり、注目している人も多いようです。
時々「痩せなかったら全額返金します」というエステの宣伝は見かけますが、個人の努力が大きく影響する試験の結果に保障をつけてしまうとは、かなり自信のある教材なのでしょう。

ではTLTソフトって一体どんなソフトなのでしょう?
これはパソコンを使って進める勉強法で、まず出てきた文章を読み、次にその文章の穴埋め問題を解いていきます。
これらを完全に覚えるまで繰り返し繰り返し演習していきます。
驚異的な記憶システムとでも言いましょうか、とりあえず覚えることは覚えて試験に合格したい、肩書きのために資格を取得したい、という人には向いている勉強法かもしれません。
ただし社会保険労務士になってから、それを活かした仕事をしたいと思っているのならきちんと法律の仕組みまで理解した上での合格を目指した方がよいでしょう。
TLTソフトには参考書やテキストが付いていませんので、法律の仕組みまでちゃんと理解しようとするのなら、補助的に参考書などを自分で購入してください。
あと、このようなパソコンソフトでの勉強は、非常に目が疲れやすいと感じる人も多いということを最後にお伝えしておきます。
社労士試験の勉強法 | permalink | - | - | pookmark |

講座ごとの合格率

高校受験や大学受験に向けての予備校選びをする際に、「○○高校△△人合格実績」という宣伝に目が行きませんか?
実際にその予備校に通った人がどれだけ希望校に合格しているのかは気になりますし、その予備校の指導力を見るひとつの目安にもなります。

これら進学予備校の他に、さまざまな資格試験対策のための予備校や講座なども、講座受講者の試験合格率を大きく示しているところもあります。
しかし合格率はやはりひとつの目安ではあっても、講座選びの際にはそんなに重要視すべきではないのかもしれません。

例えば社会保険労務士の通信講座にはいくつもの学校や教育機関が主催しているものがありますが、その合格率は9〜10数%となっています。
社会保険労務士の合格率が8〜9%なので、講座ごとに合格率に差はありますがその講座を受けたから極端に合格の確立が上がった、というものではないのでしょう。
大体どこの講座を選んでも、内容に大差はないと言います。
カリキュラムの組み方、講師の人柄、時間外でのサービスなど、それぞれの特徴が自分に合っているところで受講するとよいでしょう。
ただし、あたかも一発合格が可能であるような宣伝がしてあっても、結局は合格は自分の努力でもって成せることだということを覚えておいてください。
予備校に合格させてもらうのではなく、コツを教えてもらって勉強して合格を手にするのは自分自身です。
予備校や講座以外の時間をいかに受験勉強にあてられるか、が物を言います。
JUGEMテーマ:社会保険労務士


社労士試験の勉強法 | permalink | - | - | pookmark |

社労士試験ー効率の良い勉強法とは

みなさんは、自主的に何かの資格試験を受けたことがありますか?
社会に出てから資格を取るために必死に勉強しながら思うことは「あぁ、学生時代にもっと真剣に勉強しておけばよかった」という人、意外と多いのではないでしょうか。
学生時代は勉強するための時間ですから、勉強に集中できる環境が整えられていますからね。
その時間を無駄に過ごすなんてもったいないことです。

さて、社会人が取得を目指す資格の中で、年々受験者数を増やしている人気のものに社会保険労務士があります。
社会保険労務士は難関と言われる国家資格で、独学で合格するのは難しいと言われています。
受験者の多くは予備校や通信制の講座を受講しているようです。

講座などはお金もかかるし時間的な制約もあるため、独学で受験したい、という人も中にはいます。
独学の場合、書店でテキストや問題集を購入して勉強することになります。
一人で勉強していると、はかどっているのかどうなのか、わからなくなることがあります。
そのため、「この科目に1ヶ月、この科目は2週間」と勉強にかける時間を計画立てて進めると良いでしょう。
よくテキストと問題集を完璧に終わらせてから過去問題や予想問題を解いてみる、という人もいますが、科目ごとにテキスト→問題集→過去問題と進めたほうが、つまずいた部分をすぐテキストに戻って調べやすいので効率的だと思います。
試験本番の直前に、どれだけ力がついたのか確認するために過去問題集を使うのであれば、1、2年分あれば十分かと思います。
社労士試験の勉強法 | permalink | - | - | pookmark |

テキストのみで勉強する場合

現在、資格の勉強をしている人はどれくらいいるのでしょうか。
やはり就職、転職や独立を目指して、あるいは現在の職場で必要になったため、資格取得を希望する人が多いかもしれません。
資格と言っても、就職に有利に働くものから趣味の分野のものまで幅広くいろいろあり、社会的に認知度の高い国家資格から、専門性を追求した民間資格まであります。

その国家資格の中で、社会保険労務士という資格がありますが、こちらは年々受験者数を増やしている近年人気の資格となっています。
とは言え、誰でもが1回で受かってしまうほど簡単な試験ではありません。
そのため、多くの受験生が予備校や通信講座を受け、試験に挑んでいます。

どの講座も試験の出題傾向などを研究し、工夫を凝らしたカリキュラムを用意して受講生を集めています。
本人の生活パターンや性格によって勉強法は異なってきますが、独学では自信がないけどお金もあまりかけられない、という人には、通信制の講座はどうでしょうか。
通信制の講座と言っても、テキストのみのもの、講義DVDが付いたもの、パソコンでデータ受信して勉強するものなどあります。
料金の面で言えば、テキストのみの講座が一番踏み込みやすいかもしれませんね。

テキストに限って言うと、ある程度名前の知られた教育機関のものであればどれを選んでも大差はないようです。
ただ市販されているものより通信講座で使われるテキストの方がやさしく作られていることが多いようで、初心者の人には内容がわかりやすいでしょう。
問題集については、社会保険労務士試験の難化傾向により過去問題だけでなく新しい問題への対策も必要となってきています。
そのため、テキストのみの通信講座を受けようと思っている人でも、予備校や専門学校が行なう模擬試験をいくつか受けておくとよいかもしれませんね。
社労士試験の勉強法 | permalink | - | - | pookmark |

講座比較サイトを利用

社会保険労務士の試験が8月に行なわれます。
残暑厳しい時期の試験だけに、受験勉強の最終確認をしたり直前講座に参加している人も、うだるような暑さの中、大変な思いをして勉強を進めていることと思います。
この時期、来年度の社会保険労務士試験に向けて勉強を始める人も増えてくることでしょう。

この夏の時期には、来年度の試験に向けての受験対策講座が出始める頃でもあります。
早めに申し込むことで受講料が割引になったりしますし、受験勉強は少しでも早く始めたいところですので、スクールや通信講座を利用して勉強する予定の人はどの講座にしようか早々に決めたいところですよね。
今はさまざまな比較サイトが充実していて、いろいろなスクールの講座内容や受講料を比較していたり、まとめて資料請求ができるサイトなどもたくさんあります。
最終的には各講座から取り寄せた資料や教材見本などを吟味して受講する機関を決定して欲しいのですが、まずどんなタイプの講座があるのかなど調べるのに、これらのサイトは大変便利です。
テレビCMや新聞折込チラシでよく見かけるスクールから、「こんな学校もあったんだ」と初めて名前を聞くスクールも出てきます。
ひとつの比較サイトだけでなく、いくつかのサイトを見ると、運営者の視点からお勧め度が違ったりして興味深いです。

実際に受講するスクールを決めるのは、実物の教材を見てからにした方がよいです。
また、必ずしも料金の高さと講義の質の高さは比例しないとも聞きます。
これは受講料の一部を宣伝費にあてているためとも言われます。

少しでも早く受験対策に乗り出すために、比較サイトを上手く利用したり各スクールに問い合わせたりして情報収集に努めましょう。
そして一番自分に合った勉強法を見つけ、来年度の社会保険労務士試験に合格できるよう頑張ってください。
社労士試験の勉強法 | permalink | - | - | pookmark |

前年のテキストの有効利用

社会保険労務士の国家試験が8月に行なわれますが、これより少し早い時期から来年度向けの社会保険労務士試験対策の講座などが出始めます。
書店にも来年度向けのテキストが並び始める頃でしょう。

しかし、まだ来年度に対応したテキストが発売されていない時期から、来年度に向けての勉強を始めたい、という人は今年度向けのテキストで勉強を始めるしかありません。
社会保険労務士の試験は法改正からの出題がされやすいため、受験時からみて1年前のテキストで勉強しても内容が変わってしまって役に立たないかも、と思われることもあるでしょう。
でも少しでも早くから受験勉強に取り掛かるのはよいことですし、また法改正に関する出題には改正前の文脈を知っておかないと理解できないものもあります。
そのため、1年前のテキストも受験勉強には有効なのです。
そして来年度向けの新しいテキストが発売されたら購入し、改正されている部分を1年前のテキストと比べてみるのです。
2冊を比較することで、何がどう変わったのかが理解しやすくなるのではないでしょうか。

また、来年度の社会保険労務士試験に対応した通信講座などが始まったら、そちらも利用するとよいかと思います。
もともと社会保険関係の仕事をしていて、そちらの知識には自信があるというなら独学でもいけるかもしれませんが、社会保険労務士を受験する人の多くは何らかの講座を受講したり予備校に通って勉強をしています。
また、書店に並ぶ参考書や問題集には載っていない出題傾向なども、予備校では教えてくれることもあります。
社労士試験の勉強法 | permalink | - | - | pookmark |